スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外版マリオ+ラビッツ


先月の29日に発売された『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』! …の海外版。
奇妙なヤツらと新たな冒険の旅に出かけます。


何でまた海外版を… なんて思いますが、日本での発売が来年! なんですよね。
だからと言って2018年の元旦に出るワケでもないし とても待てませんよ。
ここまで日本と海外に発売時期の差ができたのは やはりラビッツの存在でしょう。

そもそもラビッツって何者? 僕も最初はちょっと聞いたことあるかな 程度でした。
本作を開発したUBIソフトのキャラクターですね。どうも海外では有名らしいですが、
日本ではサッパリです。まぁデザインがだいぶ濃いですからね。(笑


そんなラビッツとマリオがコラボした このゲームは所謂シミュレーションRPG!
「ファイアーエムブレム」シリーズなんかでお馴染みのジャンルですね。
アクション レース、パズルにスポーツ… 様々なゲームを出してきたマリオですが、
歴史上 SRPGが登場するのは なんと初。こりゃあ期待に胸が膨らみますよ。

しかも今回のマリオが戦いに使うのはバスター!
空気砲やロックバスターみたいに腕に装備して発射!気分はSFですね。
キャラクターによって形状やサブウェポンが異なるので そこも面白さがあります。
ちなみに、マリオはちゃんとジャンプやハンマーによるお馴染みの攻撃も可能です。

世界観もNewマリオで規制された近年の作品のなかではかなり良さげ。
平原に砂漠に… といったテンプレートは存在しますが、デザインはNewマリオと全く違う。
さらに そこへラビッツの浸食があるので ほぼ完全新規のキノコ王国を冒険できます。
むしろ、たまにみかけるハテナブロックや敵キャラでホッとするような感じ。(笑

…と、まぁ『マリオ+ラビッツ』は とにかく初めてで新鮮な要素がてんこ盛りなんです。
ここまで今までにないマリオの世界を見せてくれたUBIソフトとラビッツには感謝感謝です。



ゲームシステムの方もグッド。
ターン制で起こる銃撃戦、これが熱い!
フィールドのあちこちにあるレンガブロック等のオブジェクトに隠れて撃ち込む!
壁と角度を考えて 効率良く敵をやっつけていきます。
狙いたい場所まで届かない! そんな時はチームジャンプ!
移動範囲内に敵がいればダッシュアタック! 所謂スライティングの物理攻撃だ。
それ以外にも攻撃手段は多種多彩。様々な手を考慮して戦局を有利に運んでいくのです。
但し 敵も個性豊かで一筋縄ではいきません。

SRPGは「ファイアーエムブレム」で鍛えたつもりでしたが、システムが違いすぎて
結構苦戦しています。難易度自体はそこまで高くなく ちゃんとイージーモードも存在しますが、
全員生存&指定ターン以内クリアを条件とした やり込み要素があったりするのです。
これを達成しようとすると かなーり手強くなります。
最初は頑張ってたけど とりあえず一度エンディングを見てからにしようかなー なんて。(汗



今までにない新しいマリオの冒険を体験できる『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』。
日本での発売は まだまだ先ですが、オススメの1作です。

カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

簡単説明

Fumiya

Author:Fumiya
スーパーマリオが好きな人。
グッズも集めていて、
色々語ったりするブログ。
初めて来た方は自己紹介を
読んでからにしてください。

記事へのリンク
自己紹介・ブログについて
いたストDSマリオ台詞集
いたストDSピーチ姫台詞集
botの説明書
攻略本所有リスト

Twitterは【コチラ
旧ブログは【コチラ

検索フォーム

たびだちのワープドカン

コミュニティ

 ロジーさん
 

 KUNIさん
 

 めぐめさん
 

 コスモスさん
 

 竹乃坂こーすけさん
 

 紺空さん
 

 ゆうしろうさん
 

 kikaiさん
 

 おまゆさん ナサトさん
 

 流丸さん
 

素材 ピコットさん
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。