どうぶつの森のはなし

     

ペーパーマリオに続いて、どうぶつの森!?
マリオではありませんが DSの『おいでよ』の頃から大好きなシリーズなのです。
既に構想段階には入っているという WiiU版に期待して、またいろいろ書きますよ。

 


新機能が云々というよりも、『とびだせ』から改善してほしい点… とかですね。
『街へいこうよ』から大幅にシステムが変わり 素晴らしい作品ではありましたが、
欠点が無いワケではありませんでしたからね。



まずは住人に関すること。
家の引っ越し位置は 発売当初は相当騒がれましたよね。通称たぬきテロだなんて。
画像検索すれば、被害者たちが延々と出てきますよ。

そこでやっぱり欲しいのが、村長権限として 家の位置を決められるということ。
ゲーム起動時に しずえに役場へ来てほしいと呼ばれて、そんなイベントが進むとか、
若干プレイの支障になりかねませんが、整備した村を壊されるよりは遥かにマシ。
公共事業を建てるように 1マス単位で指定できるようにしてほしいですね。


引っ越しに関しては 去る方にもありますね。
開発側にも 様々などうぶつ達と触れ合ってほしいという想いもあるのでしょうけれど、
どうしても!永住機能は欲しいものです。ちょっと久々に起動してみたら、
大好きなアイツが引っ越していたうえに 盛大にテロられていた… 経験ありませんか?
プレイ意欲を失ってしまいますよね。オマケにテロ住人はなかなか出て行かないし。

例えば『おいでよ』の写真入手会話を復活させて、その時に
「ずっと○○村にいようかな?」という質問を受けて 答えれば永住確定…みたいな。
解除したければ、ピコーン会話で「この前あんなこと言ったけど…」という話をされたり。
要するに「引っ越そうと思うんだ!」→「やめて!」という阻止型ではなく、
「ずっといると決めたけど、どうしよう?」→「考え直したら?」という形で引っ越し。
一度でも好感度が最高になれば、永住させることができる そんな機能が欲しいです。


住人絡みではもう1点。家の内装について。
『とびだせ』に登場したR・パーカーズのおかげで、住人が初期家具をドンドン破棄して
しまうんですよね。そのうえ、好感度を上げようとムシや魚を与えまくったら、
家が博物館状態に…。訪問イベントで無理矢理買い取るのも精一杯。
そこで欲しいのは 住人の家の内装を自由にレイアウトできるというもの。
これは 今年夏発売の『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』にある機能ですね。

初期家具や自分で持ってきた家具を合わせて、好みに組み合わせることができる。
これも ある程度好感度が上がって、室内での会話イベントであってほしいです。



次に家具にまつわるはなし。
『とびだせ』で実装された、家具のリメイク機能は やはりパワーアップしてほしい!
まず追加希望なのは壁紙・絨毯のリメイクですね。ツートンシリーズ等、
家具をリメイクしても、どうしても この2種だけ統一感が崩れてしまいましたからね。

家具を飾る際には 半マス置きを実装してほしいですね。
部屋の広さは偶数マスに統一されているので、どうしても真ん中に置けませんでした。
あわよくば、斜め置きも…。2マス家具が4マス分になってしまいそうですが。(汗


そして新たに…というか、増量してほしいのが敷き物系家具。
従来のシリーズでいうと「おふろマット」や「マンホール」が該当しますね。
絨毯のデザインとしてあったものの流用でしたが、
これもやっぱり『ハッピーホームデザイナー』でも実装されていました。
もしかしたら、あのソフトはWiiU版のプロトタイプなんじゃ…とか妄想していたり。(笑


非売品アイテムやタンスについても。
『とびだせ』では家具がメチャクチャ増えたうえ、非売品シリーズもわんさか。
全部保管しようとするとサブアカウントは必須になります。むしろ2人でも大変。
非売品が減るなら それはそれでありがたいのですが、やはりコレクターの意地もある。
というワケで、タンスの収納数増量ですかね。
『とびだせ』は 確か…10×6×3 で180個しまうことができました。多分。
180…一見多そうですが はっきり言って これだけでは全く足りませんからね。

まず1シリーズの家具は11個+壁紙・絨毯で13個分。奇数だと締りが悪いので14。
非売品シリーズは10種類以上あるので、各フロア(?)は10くらい。
そんでもってフロア数は3のままでいいとして… 420個しまえる… でかいな!
勝手に提案して、勝手に驚いていますが 実際これくらいは必要になりますからね。
最新型据置機のWiiUですもの、きっとやってくれるでしょう(投げやり)



公共事業は純粋に強化&増量を願っています。
『とびだせ』では30個が上限でしたが、これも増えているといいですね。
たぬきテロ対策で埋め潰されたのがほとんどですが、30では足りなかったので。

まず自由度が上がっているといいですね。『とびだせ』ではできなかった配置をしたり、
ベンチのようなものは向きを変えられるようにしてほしいですな。
特に街灯とベンチみたいに相性の良いものは間隔を1マスだけに抑えたいし、
橋を架けるための制限も緩和されているといいですね。


別の視点からの「自由度」というと やはり建てるペースでしょうか。
イベントの無い日に限り、1日に1回だけ建てるか取り壊すか しかできず、
久々に起動して村の整備をするぞ! と思っても、ちっとも進みませんからね。
3つほどの同時進行は可能であってほしいし、取り壊しも自由にできたらいいなぁ。


更に言うと、建造物追加の条件もでしょうか。
博物館2階、喫茶店ハトの巣とかも結構厄介な条件ではありましたが、
普通のタイプのものは 特定の性格の住人からのピコーン会話でのみの追加でした。
欲しいものがなかなか出てこないうえ、1日1回だけと面倒な要素がてんこ盛り。
花や貝殻で持ち物をいっぱいにして海で待機し、会話発生を狙ったり…
一時期 そんなこともしていました。

せっかくの新要素だったのに、割と不便な内容が多かったんですよね。
WiiU版では その辺の緩和と もうすこ~し、価格を抑えていただきたいです。(汗



そして気になるのがamiiboとの連動。
『ハッピーホームデザイナー』用に「どうぶつの森」シリーズのamiiboが出ますが、
これに対応されないワケがない!
むしろWiiU版発売と同時に新規住人も追加された第○弾とかが出そう。


やはり「どうぶつの森」シリーズのamiiboでやってほしいのは、対応の住人を
読み込んで、引っ越してもらう機能。『e+』にもあった感じですね。
好きな住人を好きな位置に引っ越してもらい、永住してもらう… そんなことができたら
どれだけ幸せか。いっそ、制限のような線を切ってほしいですな。


更にマリオやリンクなど、「どうぶつの森」シリーズ以外のamiiboへの対応も。
これは『マリオパーティ10』における「マリパポイント スクラッチ」… いわゆる、
対応していなかったり、他のゲームデータがあっても使えるオマケ要素のように、
『とびだせ』のフォーチュンクッキーの変わりに ランダムで任天堂家具が手に入る…
それでも良いと思いました。

ですが、どうせ対応するなら 思いっきりやってほしいなぁ と。
例えばマリオのamiiboをタッチすれば、公共事業にマリオの世界の土管が追加!
様々な任天堂タイトルに対応した公共事業が増えると良いなぁ~ なんて。
今思い返せば『とびだせ』の建造物に任天堂ネタは皆無でしたからね。



最後に、『とびだせ どうぶつの森』からのデータ引き継ぎはあるのか。
『おいでよ』→『街へいこうよ』にはありましたが、3DSでは廃止されてしまいました。
僕個人としての意見では「無くていい」と思うのですが、あると考えています。

理由としては やっぱり国内売上400万を突破しているバケモノタイトルだということ。
これにより「どうぶつの森」ブランドは「スーパーマリオ」に並ぶ強さになりました。
WiiU本体を普及させるためにも、ここまで売れた3DS版をプレイしたユーザーを
連れてきやすい要素の1つとして データ引き継ぎはあると思います。




やっぱり長くなってしまいましたが、WiiU版どうぶつの森に期待するのはこんな感じ。
もちろん他にもいろいろありますよ。マイデザインの所有制限とか。

ペーパーマリオの時にも書きましたが、期待するのは今年のE3!
はっきり言って、WiiUを普及させるチャンスの最後の弾ですからね。
新しいどうぶつの森! 期待して待っています。

 

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

簡単説明

Fumiya

Author:Fumiya
スーパーマリオが好きな人。
グッズも集めていて、
色々語ったりするブログ。
初めて来た方は自己紹介を
読んでからにしてください。

記事へのリンク
自己紹介・ブログについて
いたストDSマリオ台詞集
いたストDSピーチ姫台詞集
botの説明書
攻略本所有リスト

Twitterは【コチラ
旧ブログは【コチラ

検索フォーム

たびだちのワープドカン

コミュニティ

 ロジーさん
 

 KUNIさん
 

 めぐめさん
 

 コスモスさん
 

 竹乃坂こーすけさん
 

 紺空さん
 

 ゆうしろうさん
 

 kikaiさん
 

 おまゆさん ナサトさん
 

 流丸さん
 

素材 ピコットさん