マリオメーカーのはなし

 

昨年のE3で発表され、ちょくちょく続報の出てる『マリオメーカー』。
前代未聞の公式改造マリオだけあって 楽しみにしております。

 


自分で 2Dスーパーマリオのコースを作ることができる! というワケで、
小学生時代に『メイドイン俺』や『ミニミニ大行進!』を狂うようにプレイしていた
エディット大好きな僕としては ついに来たか! そんなタイトルです。


ただ、初公開の時から あれ? と思う点が幾つかありました。
例えばマリオの操作感。『スーパーマリオ1』のマリオなのに 明らかに挙動が違う。
ジャンプ台が妙に縮んでいたり、原作ではありえない配置をしていたり…。

原作を忠実に再現したかった僕としては、どうしても気に食わなかったんですよね。
各タイトルには 他に無い個性があって それをじっくり楽しみたいと思っていたのです。
例えば『マリオワールド』には マントマリオやスピンジャンプ、敵キャラならアッパレ等、
独自のパワーアップやアクションがあるので 他のタイトルと統合することにより
それらが使えなくなってしまうのではないかと 不安ばかり募っていました。

しかし深く考えてみれば こうやって2Dスーパーマリオのエディットを可能にして、
2Dスーパーマリオの価値観が失われてしまうのではないのかと。
そういうのもあって、意図的に 完全再現はしていない… そう思いました。

今は それを受け入れることができ、むしろお祭り状態がたまらなく楽しみです。(笑


 

それで気になったのはコチラ。
『マリオ1』にハナチャン、『マリオワールド』にハンマーブロスが登場しています。
本作のために わざわざ新規でドット絵を打ち込んだのでしょうね。
『NewスーパーマリオU』の方も キラー砲台やハンマーブロスのハンマー等、
新しく作り直されているものも確認できました。

こういうの、いいですよね。(笑
やはりドット絵というのは魅かれるものがありますし、時の流れに逆らってできた
敵キャラクターたち…。一方で 現代のデザインが完成したハンマーブロスが
まだ不安定でドット絵だと一層違って見えるノコノコと一緒にいる違和感。(笑
この面白さがあるなら わざわざタイトルごとに固定しなくていいと思えます。

ただ 少し気になるのは、どれだけの敵キャラクターがいるのか ということ。
特に『マリオ3』や『NewスーパーマリオU』は 限定の敵キャラクターが多いですからね。
今のところ メジャーなヤツらばかりですし、ネッチーは? ブルは? ズングリは? …と
言い出したらキリがありませんね。『ワールド』でクリボンがクリボー扱いされてたり、
流石に全ての敵キャラクターを網羅するのは 難しいでしょうけど
できる限り、多くのパワーアップ・ギミック・敵キャラクターがいるといいですね。


そんなこんなでスーパーマリオ30周年記念でもある『マリオメーカー』、楽しみですな。
…本命は『メイドイン俺』の続編だがなッ!!(←

 

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

簡単説明

Fumiya

Author:Fumiya
スーパーマリオが好きな人。
グッズも集めていて、
色々語ったりするブログ。
初めて来た方は自己紹介を
読んでからにしてください。

記事へのリンク
自己紹介・ブログについて
いたストDSマリオ台詞集
いたストDSピーチ姫台詞集
botの説明書
攻略本所有リスト

Twitterは【コチラ
旧ブログは【コチラ

検索フォーム

たびだちのワープドカン

コミュニティ

 ロジーさん
 

 KUNIさん
 

 めぐめさん
 

 コスモスさん
 

 竹乃坂こーすけさん
 

 紺空さん
 

 ゆうしろうさん
 

 kikaiさん
 

 おまゆさん ナサトさん
 

 流丸さん
 

素材 ピコットさん