カート8、DLC第1弾配信

 

『マリオカート8』の追加コンテンツ第1弾、ついに配信開始!
13日発売『進め!キノピオ隊長』と日付が被ってしまいましたが もちろん購入。

 


今作のDLCについては、このブログで何度も話していましたね。
それくらい 楽しみにしていたのです。


まずはキャラクターについて。
・タヌキマリオ
キャラクターセレクト画面で いきなり「タヌーキー!」と言われてビックリしましたよ。(笑
彼は海外でも「Tanooki Mario」ですからね。
ステータスは 元のマリオより軽く、ピーチ姫より重い といった新しいタイプ。

一通りプレイしましたが、おそらくボイスは全て新録。
そりゃあ 開発時マリオの声を収録した際、採用されなかったものを… なんて
考えることは十分にできますが それでも、これだけでも本当に嬉しい!

正直なところ、「これでマリオ4人目かよ!」と 萎えていたのですが救われた気分です。
自分は 結構ボイスが新録か、使い回しかにはウルサイので 感激。
…そういう意味では『スマブラ3DS』には 強くガッカリしました。

ジャンプアクションは『マリオ3Dランド』のしっぽを振るアートワークのようなモノ、
ふんわり降下で 横に1回転など、タヌキマリオらしいアクションが見られました。
反重力限定のジャンプアクションは 地蔵マリオに変身!
当然ながら、マリオは一切喋らないのですが これがまた少しシュール。

残念だったのが 反重力限定のが、カートとバイクで変化が無いということ。
各キャラクター6種類のジャンプアクションがあるのに、タヌキマリオだけ5種類。
地蔵マリオって特別な感じがあるし 共通にしたい気持ちも分かるけど…なぁ。


・ネコピーチ
嘘でしょ!? もう「ニャニャニャ!ネコマリオタイム」のイメージしかないじゃない!
というワケで(どんなワケ)、ネコピーチです。
ステータスは 元のピーチ姫より軽く、キノピオより重い と、これまた新しいタイプ。

変なイメージを植え付けられていますが、ボイスもアクションもかわいらしい。
バイクorATVバギーでのジャンプアクションは ふわふわジャンプの動きや
反重力限定のでは『マリオ3Dワールド』のコースクリアポーズ!
タヌキマリオもそうですが、原作に忠実なのは グッときますよね。


 

マシンのフレームについては…。
・Bダッシュ
公式から「人気のマシン」だなんて書かれて、紹介動画まで出ちゃう優遇っぷり。
『マリオカートDS』で初登場し、『7』で復活。 そしてさらに!今作でも登場。
やっぱりカッコいいですもんねぇ。ホレボレとしちゃいます。

最高速に優れていて、性能面でも 申し分ないですからね。また愛用しそうです。
エンジン音が 若干やかましいのが気になりますが。


・タヌキバギー
いかにも、ネコピーチにはネコクラシカル。 ならタヌキマリオは? と対抗した存在。
そして「バギー」という名前なのにも関わらず、ATVバギーではなくカート。
不遇なATVバギーに灯りがくるとばかり思っていたのに…。信じてたのにっ!!



続いて、追加された8つのコースのうち5つについて。
・GC ヨッシーサーキット
レトロカップシステム初導入『マリオカートDS』で復活して以来、久々の登場。
復活したのも2005年。9年前のコースになりますし、早いことですが懐かしいですね。

スタート地点は小さな街のような感じになっており、原作より賑やかに。
その反面、ゴール直前のパックンフラワーがいなくなっていたりします。

ちょっと残念だったのが 相変わらず、あの隠しルートが無いこと。
それと反重力によるコースのアレンジが全く無いうえに、JAできる場所も
ほとんど無いということ。もっとはっちゃけてよかったと思うんだけどなぁ。


・ドラゴンロード
今回の追加コンテンツで一番気に入ったモノ。
中華なマリオの世界は『マリオパーティ7』の「ゴーゴーマウンテン」以来!
『ギャラクシー2』のガブリュウが うまい具合にマッチしています。

もう本当に世界観が素晴らしい! 何故かジュゲムがモチーフになっていますが。(笑
BGMも どことなく『マリオランド』の「チャイ王国」を思い出させます。


・Wii ワリオこうざん
まだリメイクされていなかったレトロコース。
結局『マリオカートWii』限定となってしまった ハーフパイプのような壁は
廃止されてしまっているので それに伴い、こちらでも削除。
変わり(?)に、より鉱山らしい雰囲気がよく出ています。山壁に建てらてた家が素敵。

鉱山内、ジャンプアクションをしたところで反重力エリアにアレンジ。
散々苦しめられたトロッコにぶつかると、スピンしてダッシュできるように。
これはいいアレンジだなぁ…! クセで どうしても避けようとしてしまうのですが。(汗


・SFC レインボーロード
『マリオカート7』で復活を果たし、なんと今作にも登場。
スーパードッスンの放つ波や ジャンプ台など、『カートSFC』というよりは『7』に
近いコース構成となっております。スタート地点に壁があったり、アレンジもありますが。

『マリオカート7』の「SFC レインボーロード」の背景には星々が輝いていましたが、
コチラは 月が虹のタイルと照らし、山々はネオンで光る… 少し渋く、美しいです。
あと、コース自体 全体的に短くなった気がします。多分気のせいじゃない。


・ツルツルツイスター
新規コースその2。
「ワリオスノーマウンテン」があったけど、今作には氷のコースはありませんでしたね。
コースの大部分が2つのルートが入り混じる 特徴的なコース。
氷というと『マリオストーリー』など、どこか神秘的なイメージが強いのですが
人の手がついて 開拓(?)されているというのも斬新でいいですよね。

それと、BGMがすごくカッコいい! なんだかスタイリッシュですな。
Twitterのマリオファン仲間からも、評価が非常に高い1曲です。
またすこし サントラがたのしみになった。


 

短く収めたつもりなのですが、いつも通り長くなってしまいましたね。(笑

来年5月と先は長いですが 追加コンテンツ第2弾が楽しみですね。
レトロ3・コラボ3・新規2 と新規コースが少なかったので、次は多くしてほしいな…。

さらに欲を言うのなら、第3弾もあってほしい…!
コースは流石に難しいかもしれませんが キャラクターの追加を是非とも!
はっきり言うと ほねクッパの復活は嬉しかったのですが、ゲスト+亜種キャラと
「キャラクターが増えた気がしない」んですよね。ボイスやアクションが新しくなっても、
結局はマリオとピーチ姫なんだし…。

クッパJr.やディディーコング、キャサリンなどはもちろんキングテレサとか
『マリオカートWii』→『7』でリストラされてしまったキャラクターを復活させてほしい!
…もちろん、新しいキャラクターもね。

 

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

簡単説明

Fumiya

Author:Fumiya
スーパーマリオが好きな人。
グッズも集めていて、
色々語ったりするブログ。
初めて来た方は自己紹介を
読んでからにしてください。

記事へのリンク
自己紹介・ブログについて
いたストDSマリオ台詞集
いたストDSピーチ姫台詞集
botの説明書
攻略本所有リスト

Twitterは【コチラ
旧ブログは【コチラ

検索フォーム

たびだちのワープドカン

コミュニティ

 ロジーさん
 

 KUNIさん
 

 めぐめさん
 

 コスモスさん
 

 竹乃坂こーすけさん
 

 紺空さん
 

 ゆうしろうさん
 

 kikaiさん
 

 おまゆさん ナサトさん
 

 流丸さん
 

素材 ピコットさん